新着情報

2016年04月22日

全農鳥取県本部

鳥取県本部 機構改革について

平成28年4月1日より、機構改革を実施し、新体制でスタートしました。

今次3か年計画の3本柱の一つである「持続可能な農業生産・農業経営づくりへの貢献」を実行する体制の整備を目的としております。

機構改革の主な内容は下記の通りとなっております。

  ①生産から販売まで一貫した売れるものづくりの体制の強化。

    ・営農総合課から野菜花き課へ移管する業務

     野菜花き生産指導、種苗、鳥取県植物防疫協会事務局、残留農薬検査等

    ・営農総合課から果実課へ移管する業務

     西瓜生産・出荷指導、果樹苗木等

    ・生産資材課および果実袋工場を園芸部に移管し、生産資材課を園芸資材課に変更。

     販売部門と購買部門の一層の連携強化。

  ② 営農総合課は、担い手対応並びに部門横断の核となり、生産振興の中心部署とする。

    また、県域農業サポートセンターと本会との連携窓口とする。

 

  機構改革と同時に配置換えを行い、事務所内も様変わりしておりますので、お近くにおいでの際は、是非お立ち寄り下さい。

~事務所風景~