新着情報

2016年08月29日

全農鳥取県本部

平成28年度 露地二十世紀初販セレモニー(大阪本場)

平成28年8月23日、露地二十世紀梨の初販売日(前年は8月27日)に伴い、大阪本場大果大阪青果(株)果実売り場にて、二十世紀梨初販セレモニーを開催しました。卸売会社、仲卸、各県連の関係者を始め、産地側からは、鳥取県副知事、生産者代表の方々、JA等、約200名の方々が出席者し、賑わいました。

~福山会長による開会挨拶~

園児たちによる素敵な合唱♫♫♫の内容を表示

園児たちによる素敵な合唱♫♫♫

今年もふじのもり保育園の園児(12名)を招き、「なしの歌」、「なしっていいな」の2曲を披露してもらいました。プレゼントされた梨を両手で持ち、一生懸命歌う園児たちの姿に会場は穏やかな空気で包まれました。

試食会では、「あまい!美味しい!みずみずしい!」と多数の声が聞かれ、試食品がみるみるなくなっていきました。

~試食会風景~の内容を表示

~試食会風景~

~子供達も頑張りました~の内容を表示

~子供達も頑張りました~

本年初出荷26,436㌜の内、大阪中央卸売市場にて7,310㌜が競り落とされました。セリには多くの仲卸の方が出席し、赤秀の20玉、24玉で5,000円/㌜の仕切単価も出るなど、活発な競りとなりました。

本日のセレモニーを機に、関西地区での販売が本格的にスタートします。