新着情報

2017年12月21日

全農鳥取県本部

光合成促進機を使用した農作物の実証試験について

JA全農とっとりでは、営農支援の強化を図るためLPガスを活用した光合成促進機の普及を行なっています。

光合成促進機とは、LPガスを燃焼して炭酸ガスを発生させ、ハウス内に不足した炭酸ガスを補給することで光合成を促進し、作物の生長を促すための機械です。

このたび、湯梨浜町のイチゴ生産者の方に、全農モニター制度を活用した、光合成促進機の無償貸し出しを行ないました。

今季のイチゴの出荷が始まりましたが、品質向上、収量増加につながるようJA鳥取中央、農業改良普及所の指導をいただきながら効果を検証していきます。