新着情報

2018年02月13日

「鳥取和牛」枝肉研究会 東京食肉市場にて初開催!

平成30年1月23日、東京食肉市場にて「鳥取和牛」枝肉研究会(鳥取県牛肉販売協議会主催)が開催されました。

東京食肉市場への鳥取和牛の出荷は平成29年7月より開始したところですが、宮城全共で評価をいただいた「鳥取和牛」の良さを、東京市場の方にもっと知っていただこうと、初めて東京市場で開催しました。

研究会には、宮城全共候補牛が13頭、白鵬85の3、百合白清2の種雄牛に限定した産子が7頭、総勢20頭が上場され、最優秀賞にはJA鳥取いなばの㈱うしぶせファームの出品牛が選ばれました。枝肉重量559.0kg、A5、BMS12、単価:3,041円/kgと高品質なものでした。
全体でもA5が16頭、BMS10以上が11頭と好成績で、高いレベルでの争いとなりました。

せり終了後には、JA全農ミートフーズ㈱東日本営業本部市場課において、(社)全国和牛登録協会 勝田課長より「第11回全共・肉牛の部を振り返って」と題し、総括と今後の展望についてご講演いただいた後、JA全農ミートフーズ㈱東日本営業本部市場課 冨谷技術主幹より、今回の研究会出品牛について枝肉の講評をしていただきました。いずれも盛会裏のうちに終了いたしました。