新着情報

2018年04月16日

二十世紀梨親木の交配作業を行いました。

4月5日 鳥取市桂見にあります「二十世紀梨の親木」の交配作業を行いました。

これは明治37年に北脇永治氏によって鳥取県に導入されたもので、10本の苗木のうち3本が今でも現存し、なんと樹齢115年!!

春先の気温が高く、平年より10日ほど早い作業となりましたが「鳥取二十世紀梨記念館」村田参事の指導の下、「二十世紀梨の親木を守る会」のメンバー17名にも参加いただき作業を行いました。

秋には立派な実をつけてくれるよう願っています。

後日…交配から11日目小さな実をつけてくれました。の内容を表示

後日…交配から11日目小さな実をつけてくれました。