新着情報

2018年10月24日

ガイナーレ鳥取への鳥取県産「新米きぬむすめ」贈呈式

JAグループ鳥取では鳥取県のスポーツ振興の一環として「鳥取の活躍を鳥取の食で応援プロジェクト」と題し、応援活動を行っています。

第1弾として平成30年8月より鳥取県を代表するサッカーチーム「ガイナーレ鳥取」へメンバーが1年間で食べる分の「鳥取県産きぬむすめ」2トンを提供しています。

今年も美味しい新米が収穫されたので、ガイナーレ鳥取への贈呈式を行いました。

左からガイナーレ鳥取岡野GM・JAグループ鳥取谷口会長・JA全農とっとり尾崎県本部長

贈呈したJAグループ鳥取谷口会長は「鳥取を代表するサッカーチームとして、きぬむすめの食感のようにねばり強い試合を展開し、J2に昇格して頂きたい。JAグループ鳥取もできる限り応援させて頂きたい」と激励。

新米きぬむすめを受け取った岡野GMは「スポーツ選手はやはり体が1番大事。 8月にきぬむすめを頂いてから選手がごはんをたくさん食べるようになり、たくさん走り、見違えるように体ができてきた。試合でもあたりが強くなりねばり強い試合ができるようになった。こうやって地域の人に支えてもらっているので、J2昇格に向けて全力で戦いたい」と挨拶をされました。