新着情報

2018年11月02日

鳥取県産米新品種「星空舞」お披露目式

平成30年10月31日 鳥取県庁にて、鳥取県農業試験場育成の新品種「星空舞」お披露目会が開催されました。
「星空舞」は鳥取県が県PRのために銘打った「星取県」にちなみ命名されました。
星のように輝き、冷めても食感が変わらず良食味。また高温に強いため米の白濁による等級低下防止が期待できます。
30年産では県内の5haで試験栽培、31年産では生産体制を整え1,000haの栽培を目指しています。

平井知事も「夜空に輝く星のように透き通ったきれいな白米。食卓の星として賞味してほしい」と訴えられました。
県内はもちろんのこと、京阪神を中心に本会が中心となって食卓で輝く新しいお米となれるよう、販路拡大・ブランド化を推し進めてまいります。