新着情報

2019年08月30日

露地二十世紀梨セレモニーin大阪を開催しました。

8月27日(火)大阪本場大果大阪青果(株)で二十世紀梨セレモニーを開催しました。

産地からは鳥取県知事をはじめ、生産者の代表、JA、わかとりメイツ等が出席し、「今年の出来栄えは糖度、玉太りともに素晴らしい仕上がりだ」と卸売会社や仲卸にPRし大いに賑わいました。また、今年もふじのもり保育園の園児15名を招き、二十世紀梨をプレゼント。大事そうに握りしめながら、お礼に「なしの歌」を披露してくれました。

その後の試食会では、「みずみずしいく程よい酸味でうまい!」と多数の声が聞かれました。
園児たちも一玉丸かじりしておいしそうに笑顔を浮かべていました。

本年初出荷34,210㌜の内、大阪中央卸売市場にて7,582㌜が競り落とされました。
セリには多くの仲卸の方が出席し、赤秀の20玉で昨年を1,500円/㌜上回る7,000円/㌜の仕切単価も出るなど、活発な競りとなりました。