新着情報

2020年06月09日

二十世紀梨親木の大袋掛けを行いました。

 6月5日(金)に、鳥取市桂見にあります「二十世紀梨の親木」に大袋掛けを行いました。

二十世紀梨はアザができやすいことから、小袋掛けと大袋掛け二つの作業を行います。

手間はかかりますが、そうすることで見た目もきれいな二十世紀梨に仕上がります。

「親木を守る会」の会員の方と本会職員で作業をし、全部で1,300枚ほどかけました。

 立派な二十世紀梨に育ってくれると願っています。

上が小袋、下が大袋掛け後

大袋掛けを行う様子

「親木を守る会」のみなさん