新着情報

2020年09月28日

鳥取県産柿「輝太郎(きたろう)」目合わせ会を開催しました。

9月24日(木)に輝太郎目合わせ会を開催しました。

鳥取県特産品「二十世紀梨」が終了し、鳥取の果物は柿へとリレーされていきます。

鳥取県では「西条柿」「富有柿」「花御所柿」などが栽培されていますが、それらに先駆けて「輝太郎柿」の出荷が始まります。「輝太郎柿」は、鳥取県で生まれた柿で、9月下旬頃から収穫でき、この時期に味わえる品種の中ではかなり糖度が高く、なめらかな食感と上品な甘さが堪能いただけます。

本年の査定品を見ると、例年よりやや小ぶりではあるものの、汚れ等は少なく近年で最も秀品率が高いという結果となりました。

目合わせ日

長径(mm)

高さ(mm)

重量(g)

平均糖度

9/24

89.9

62.5

299.4

14.4

「輝太郎柿」は10月1日(木)より販売が開始されますが、2009年に品種登録をされ、2012年に市場流通が始まったばかりの大注目の柿です。味、品質ともに自信をもって出荷をしていきますので是非お手に取ってみてください。