新着情報

2021年04月16日

「野菜広域センター竣工式」を開催しました。

4月14日、「野菜広域センター」の竣工式を行いました。

施設内にて執り行われた神事には、関係者30名が出席。施主を代表し、尾崎 博章県本部長が「皆様とともにこの施設を盛り立て、生産者の手取り安定につながるよう努力してまいります。」とあいさつをいたしました。

「野菜広域センター」は、ブロッコリー生産者の労力軽減による生産基盤強化、発砲氷詰めによる品質保持を目的に当県本部とJA鳥取中央・JA鳥取西部が共同事業方式で運営を行う県内初の施設です。当県本部が全量買い取ることにより農家所得の安定化も期待され、初年度には6kg箱換算で26万5千ケースの出荷を目指します。

尾崎県本部長による挨拶

ブロッコリーの氷詰めの様子