とっとりの特産品|ブロッコリー

ブロッコリー

ブロッコリーは主に中・西部の黒ぼく地帯で栽培され、初夏から冬期までの間収穫されます。輸入品と区別するために葉を付けて出荷されています。

ブロッコリー

ブロッコリーの特徴

1.小さな花のつぼみがいっぱいです。 2.茎も食べられます。茎の長さは10cm程度で切り口のみずみずしいものがおすすめです。 3.鳥取のブロッコリーには葉っぱがついています。新鮮さの印です。

ブロッコリーの栽培

ブロッコリーの種をまく

種をまきます。

ブロッコリーの芽が出てくる

芽が出ます。

畑にブロッコリーを植え付ける

畑に植え付けします。

ブロッコリーの株元に土寄せする

2回くらい株元に管理機という機械で土寄せをします。これは土の中に空気を入れるためです。

太陽の光を受けて育つブロッコリー

太陽の光をいっぱい受けて大きく育ちます。

花蕾(カライ)がだんだん大きくなってきます

花蕾(カライ)がだんだん大きくなってきます。

ある程度の大きさになったらブロッコリーを収穫します

ある程度の大きさになったら収穫します。

収穫期は、5月から6月の初夏と10月から翌年3月の秋冬期。新鮮さを保つため、夜の明けないうちから収穫しています。1株から大きな花蕾(カライ)は1個しかとれません。大きな花蕾(カライ)を収穫したあと脇から芽が出てきます。これも食べられます。

ブロッコリーの保存方法

ブロッコリーは鮮度が命です。ご購入された後は、鮮魚と同じくらいの気持ちで取扱ってください。可能ならば鮮度保持袋に入れ、口を密封して冷蔵庫で保存してください。

紫色のブロッコリー?

ブロッコリーはカリフラワーと同じ仲間で、緑花野菜といいます。ブロッコリーは低温にあうと緑色の花蕾が紫色に変わることがあります。これは、アントシアンという色素で味や安全性には関係ありません。茹でると緑色になります。